1. HOME
  2. 人物図鑑
  3. 佐藤 麗(橋本)
佐藤 麗

レイモンド橋本保育園 保育士佐藤 麗Rei Sato

入職したきっかけを教えてください。

 私が小規模保育園に通っていたということもあって、子ども一人ひとりを丁寧に見ることができる小規模保育園で働きたいと思っていました。就職先を探していた時に、レイモンド橋本保育園へ見学に行って、雰囲気がすごく活発で、明るくて、元気な保育園だなと思って入職を決めました。

日々の保育で大切にしていることは何ですか?

 「子どもの立場になって考えること」を大切にしています。
乳児はあまり言葉を話さない子もいるので、この子はどう思いながらこの遊びをしているのか、どんな気持ちでこう言っているのかなと、そういうことを考えるようにしています。子どもの表情や言い方から「怒ってるのかな?」「何か助けを求めてるのかな」「一緒にやろうと誘ってるのかな」と、その子の気持ちになって考えてみることを大切にしています。

成長したと思えたエピソードはありますか?

 「この活動を取り入れたら、子どもたちが楽しんでくれるんじゃないかな?」「こんな遊びをしてみたらどうかな?」と思えるようになったことです。
小麦粉粘土を使って遊んだ時に、初めて粘土を触る子もいて、最初は「なにこれ?」みたいな感じで遊んでくれなくて…でも、保育士が一緒になって遊ぶうちに、子どもたちも楽しそうに触ったり、見立てあそびを始めたんです。クラスのみんなが遊んでくれて、良かったなと思いました。

園の中で好きな場所はどこですか?

 絵本コーナーです。特に「わらべうた」の絵本が好きです。
保育者が読み聞かせをするのも楽しいと思うのですが、わらべうたの絵本は子どもたちと一緒に歌を歌ったりしながら、コミュニケーションが取れるので。子どもたちがノリノリで、歌も覚えて一緒に歌ってくれるのでお気に入りです。

目指していることを教えて下さい。

 「自分の保育」を見つけたいなと思っています。
今はまだ、先輩の保育を見て「いいな〜」と思ったところを取り入れている段階なので、「自分の保育」を見つけて、楽しく保育したいなと思います。 「子どもたちと、楽しいことを一緒に楽しめる先生」になりたいですね。先生とか、そういう立場ではなく、友達みたいに一緒に遊べる先生になりたいです。

一覧へ戻る

採用サイト

PAGE TOP